グルテンフリー 間食1

「ちょっとお腹がすいた~!」「でも暑いし口当たりが良いものがいいな~」「なるべく体に優しいものが食べたい!」そんなときの間食に、グルテンフリー中の私がこの夏重宝した食べ物をご紹介しますよ。

こんにちは。アトピー体質をもちつつ、グルテンフリー中のべじちゃんです^^

グルテンフリー生活も9か月目に突入。「身体(皮膚の湿疹や目のかゆみなど)が以前よりも快適」という単純すぎる理由でゆるっとグルテンフリー生活を継続中です。

もちろんアトピー体質はグルテンフリーだけで改善するわけではないので、他にも食事面には気を付けておりまして、、、

でも疲れたりすると、間食したくなっちゃうでしょ?

しかも暑ーい夏なんか冷たくて口当たりの良いものが食べたいわけです。でも、市販のものは甘さが強くてたまには良いけれど毎日には躊躇していまいます。

なので、この夏我が家の冷蔵にいつもストックしていたものがあるんです。

超簡単に作れて、冷蔵庫に入れておけばいつでも食べることが出来る! しかもアレンジ可能♪ ほんとこの安心して食べられ、しかも身体に優しい間食にはこの夏助けられました(*^^*)大げさすぎる~けど本当です。

あなたにも超簡単に作れるので作り方をお伝えしますね。簡単すぎたらごめんなさい~



グルテンフリー中の間食にも!夏におすすめ体に優しい我が家のおやつとは?

グルテンフリー 間食4

では早速我が家の夏の定番のおやつをお伝えしますね。

はい、それは、、こちらです。
グルテンフリー 間食2

グルテンフリー中でも大丈夫。私のおすすめの間食は「寒天」です!

この寒天をまとめてたくさん手作りして、冷蔵庫に冷やしておけばいつでもサクッと食べることが出来るんです。おなががすいて衝動的に何か食べたい時にも(笑)この寒天はとても助かります~~♪

しかも寒天はとてもヘルシーな食品なのです。

寒天って知ってはいるけど詳しくは知らない、というあなたに寒天の素晴らしさをご紹介すると、、、

寒天の豆知識

  • 原料は紅藻とよぼれる海藻
  • 水溶性と不溶性の食物繊維がたっぷり(私は食べていると便秘知らずでした^^)
  • (例:粉寒天2gでレタス約1個分の食物繊維)

  • 寒天の食物繊維は、水分を吸収して数十倍に膨れるので満腹感が持続する
  • カロリーがほぼゼロ(ここがゼラチンと違うところですね)

と、こんな感じで、夏以外でももちろん、カロリーを抑えたい時にも活躍してくれる食材です☆

なので、グルテンフリー中の私はもちろんのこと、ダイエットに興味があり、カロリーオフしたい娘達も罪悪感無しで食べております(^^♪

我が家の食べ方は寒天にトッピングして食べているんです。ここでお気に入りのトッピングをご紹介しますね。
グルテンフリー 間食3

これは「寒天と甘酒」です。

私が寒天のトッピングに気に入っているものの一つが「甘酒」なんです。

この甘酒は米と麹だけで作った、ノンアルコール、ノンシュガーのものです。(酒粕で作ったものではありません)

べじちゃんべじちゃん

甘酒もまとめて作って、冷蔵なら約10日、冷凍なら約1か月保存可能ですよ。

甘酒は私の母が魔法瓶で作っているものをおすそ分けしてもらっています^^ もし手作りが難しかったり、時間がない時には購入していますよ。

甘酒を購入する時は、サラサラの飲むタイプではなく、濃縮タイプのドロッとした感じの甘酒の方が寒天には良く合います♪

ちなみに甘酒は、「飲む点滴」といわれるほどブドウ糖、ビタミンB群、アミノ酸など含まれていて栄養満点。しかも発酵食品で腸内環境を整えてくれるという優れもの。夏場の暑さで疲れやすい時にはもってこいですね!

ナチュラルな甘みで癒されつつ、甘さはしっかりあるので少量で満足感も有り! ほんとダブルでナイスです(*^^)v

そして、次のオススメは寒天と小豆です。

グルテンフリー 間食5

こちらは「寒天と小豆の煮たもの」です。もちろん手作りできない時には缶詰のあんこを購入していますよ。

まさしく甘党屋さんで食べるあんみつ風になるので、美味しくて食べすぎにご注意を!(#^^#)

台風や地震などの防災対策の保存用にもあんこの缶詰は常にストックしておりますよ。甘い物もホッとする食べ物なので用意しておきたいものの一つです。(回転食で食べてます^^)

では寒天の作り方をご紹介しますが超簡単です。ただし私の作り方は、購入した寒天の箱の裏に書いてある「作り方」の分量とはすこーし変えていますよ。その方法も合わせてお伝えしていきますね。



グルテンフリー中の間食にも!夏におすすめ体に優しい我が家のおやつの作り方とは?


では早速私がグルテンフリー中の間食に、この夏食べていた寒天の作り方を見ていきますよ。
まずは用意するものから♪

用意するもの

  • 粉寒天
  • 木べら
  • お玉
  • タッパー

次はいよいよ作り方ですよ。

作り方

  1. 分量の水(2ℓ)を鍋に入れ、続いて粉寒天(4g)を入れ、木べらでよくかき混ぜる。


  2. ①を、中火にかけて、煮溶かします。(ここで砂糖を入れる場合は入れて煮溶かします。)


  3. 鍋の中がくすんだ色から透明に変わってから、クツクツと約2分間軽く沸騰させます。


  4. 火を止めて、容器に(お玉を使ってもok!)流し入れる。(ここで泡が立っていたら軽く取ると出来上がりがきれいです^^) やけどに注意してくださいね。


  5. ⑤の粗熱が取れたら冷蔵庫に入れ、冷やして固まれば出来上がり!


そうそう、私がいつも作っている水の分量は、購入した寒天の箱に書いてある作り方の分量より多いんです。というか、ほぼ2倍の水を入れています。^^

というのも、はじめは寒天の箱に書いてある通りに作ってみたんですが、かなりのサクサク感。ゼリーではないのでプルン!とはしないのはわかっているんですが、ちょっとサクサクしすぎていたので私好みにアレンジしました。(水の量を変えただけですが 汗)

私が作る分量は、サクッつるっとした感じです。暑い夏にはこれぐらいがいいかな~

もちろん!あなた好みでアレンジ可能ですよ。なにせ水の分量を変えるだけなので(*^^)v

いろいろなメーカーさんの粉寒天で作ってみましたが、寒天の出来上がりの固さが若干違ってくるように思いました。が、結局どれも、1.5倍~2倍の水で私にはちょうど良かったです♪

モグモグサクサク食べる固めの食感がお好きなら、箱の作り方通りの固さが良いかもしれません(*^^*)あなたもいろいろ試してみて下さいね。

寒天を作ったお鍋と、木べらやお玉は、すぐに水でサッと洗ってしまって、はい、片付けも完了!

油を使ってないので片付けもあっという間です(*^^*) ここも私にとっては大事なポイント!フルタイムワーキングママの私はチャチャチャと作ってさっさと片付けられることは嬉しい♪

ではここまでを、まとめてみましょう。

まとめ

グルテンフリー中の間食にも!夏におすすめ体に優しい我が家のおやつとは?
・グルテンフリー中の私がオススメする間食は「寒天」。
・私が寒天をおすすめする理由
寒天は、原料が海藻でカロリーほぼゼロ。
水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方がとても豊富。
カロリーほぼゼロなのに、満腹感がある。
寒天を手作りすると、固さを好みで調整できる。
まとめて作っておくと、夏の暑い時にサッと食べれてアイスなどの衝動食い対策に有効。
トッピングでアレンジ可能。

・私のトッピングのおすすめは?
「寒天&甘酒」
甘酒は、、
米と麹だけで作った濃縮タイプのものがおすすめ。
夏バテ予防に最適なブドウ糖やアミノ酸、ビタミンB群などが豊富。
発酵食品で腸内環境を整えてくれる。

「寒天&小豆」
小豆は、、、
サポニンやポリフェノールなど含まれている。
小豆を煮ることが難しい時は小豆の缶詰を利用する。
甘党屋さんで食べるあんみつ風^^
美味しくて食べすぎ注意

グルテンフリー中の間食にも!夏におすすめ体に優しい我が家のおやつの作り方とは?

  • 作り方は購入した寒天の裏に書いてある手順どうりでok!
  • ポイントは水の分量。やわらかめにする場合は水を多めにする。

いかがでしたか?とても簡単に作ることが出来ますよね。

私がグルテンフリーのことで色々調べてみて、読みやすかった本はこちらです^^↓


私が子供のころ夏になると母がよく寒天を作ってくれました。牛乳寒天や缶詰の果物寒天など。その時には寒天に砂糖も入れて甘く食べやすく作ってくれて美味しい思い出です。

最近の私はアトピー体質なこともあり、砂糖などの甘いものはなるべく控えめにしているので寒天には砂糖なし。その代わりトッピングに甘いものを少量プラスすることで満足感をアップさせる作戦です。

甘いものは寒天全体に混ぜ込んでしまうより、トッピングして食べる方が量も少なく甘さをしっかり感じることが出来るんですよ^^

あなたもぜひ試してみて下さいね。


最後まで読んでいただきありがとうございます(*^^*)


べじちゃん流ナチュラルな暮らし☆☆公式LINE始めました!
新着情報、ブログでは話せないエピソードなどもLINEでお届けします♪
友だち追加
↑友だち登録は、こちらからお気軽にどうぞ(^-^)