セスキ炭酸ソーダ(セスキ)も重曹もナチュラル洗剤とわかっているけど、どこが違うの? 結局どう使い分けたらいいのかな?

こんにちは。アトピー体質でアラフィフ主婦のべじちゃんです^^

エコでナチュラルなお掃除に興味を持ってかれこれうん十年。

まず初めは暮らしに重曹を取り入れてきました。

そして、ここ数年気になっていたセスキ炭酸ソーダをいざ使い始めたら、思っていた以上に使いやすいんです!

「セスキと重曹、たいして変わらないんじゃないの?」

「重曹で満足してるし・・・」

と、まだセスキ炭酸ソーダを使っていないあなたはもったいない! 

セスキ炭酸ソーダと重曹の違いを細かくまで知らなくても、ざっと知るだけで日常の家事がもっと楽にスムーズになりますよ♪

「まずはこのポイントを知っていればとりあえずok!」

ナチュラルクリーニング大好きべじちゃんが、セスキと重曹を使い分ける4つのポイントと、我が家流の使い分け方も具体的にお伝えしていきますね!


では早速見ていきましょう。

セスキ炭酸ソーダ(セスキ)と重曹その違いは?

では、それぞれの違いを見ていきましょう。

アルカリ性(油脂などの汚れ落ち度)

ここはアルカリ性の㏗の違いが大きなポイント!

重曹よりセスキ炭酸ソーダのほうがアルカリ性の㏗が高いんです。
※重曹(㏗8.4)、セスキ炭酸ソーダ(㏗9.8)

ということは・・・

はい、手あかや油脂、血液などのよごれを落とす力はセスキ炭酸ソーダの方が強い
ということがわかりますね。

研磨力

重曹には研磨力がある

ですが、セスキ炭酸ソーダには研磨力はほとんど期待できないです。

ということは・・・
重曹は鍋の軽いこげ落としや、シンク洗いに使えますね。泡もたたないのですすぎがめっちゃ楽です^^

水への溶けやすさ

重曹よりセスキ炭酸ソーダのほうが水に溶けやすい

ということは、セスキ炭酸ソーダはとけ残りも少ないということ。これば時短家事にうれしいですよね♪

発砲力

セスキ炭酸ソーダより重曹のほうが発砲力が強いんです。


どうですか?
かなりおおざっぱですが、日常使う分にはこれぐらいわかっているだけでも十分使っていけますよ♪

私なりにまとめると・・・

「重曹って、アルカリ性は低いけれど、研磨力や発砲力はあるんだなぁ。」

セスキ炭酸ソーダって、アルカリ性が重曹より高いから油脂の汚れを落とす力が重曹より強いのね。水にもよく溶けるんだわ。」


ざっとこんな感じです!

この違いを理解した上で、日常の使い分けをしていくだけでとても効率的に家事ができますよ。

私の好きな時短にもなります^^(主婦はみんな好きですよね?)

では具体的に我が家では、どういう風に使い分けをしているのか紹介していきますね。

セスキ炭酸ソーダと重曹、我が家流の使い分け方は?


 
では我が家の使い分け方をそれぞれ見ていきましょう。

アルカリ洗濯

・セスキ炭酸ソーダで日常の軽い汚れの洗濯物をつけ置き洗いできますよ。

方法は・・・

水30ℓ(おふろの残り湯でも可)にセスキ小2を入れて洗濯物を入れておき、翌日そのまま洗濯。

何がお気に入りかというと・・

  • 泡立てないでよい!
  • 3時間~1晩放置するだけ。
  • すすぎは1回でok!

・下着などの予洗い

方法は・・・

洗濯用バケツに風呂の残り湯(または水)とセスキをパラパラ、そこへ下着を入れてゆらゆら~としたら放置。朝、下着をシャバシャバ~軽くこすったのち絞って洗濯機に入れたら他の衣類と洗濯するだけ。

何がお気に入りかというと・・
バケツに入れたら朝まで放置するだけで汚れがゆるんで落ちやすくなっていること。


べじちゃんべじちゃん

んー簡単!そしてエコ♪ なので私にもできるんです。(^^;

続いて見ていきましょう。

キッチン

キッチンでは色々な使い方をしていますよ。

  • ガスコンロやそのまわりにセスキで作ったアルカリスプレー(※)して、ふき取ると油よごれもスッキリきれいになりますよ。ステンレスのくもりもとれてその後水ぶきすると完璧です☆
  • ※このアルカリスプレーを作っておくととても便利なので後ほど紹介しますね!

  • 料理後、洗い桶に水やぬるま湯を入れセスキも約小1を入れてスタンバイ。ご飯を食べ終わった食器をこの洗い桶に入れていけば、その後の洗い物がとても楽になるんです。
    よごれがスルッと取れる感じが私はお気に入りです♪

  • お鍋の軽い焦げつきや、マグカップや湯呑についた茶しぶを落とす時は重曹をぱっぱとふりかけてこすると、きれいになります^^ここでは重曹の研磨力を活用♪

  • お鍋をかなり焦がしちゃって重曹でこすっても取れない時(汗)には、鍋に水を張って重曹を入れ火にかけてコトコト。すると重曹の発砲力のおかげで焦げが浮いてきて取れやすくなります。(この時(ふきこぼれに注意してくださいね)※アルミ製のお鍋にはむきません。

  • セスキと重曹でグーンと家事効率がアップしました。無臭なのもお気に入りです。化学薬品の臭いって好きじゃないので。。(*_*;

    浴室

    浴槽を洗うときには、重曹をぱっぱとふりかけてからスポンジなどで洗いますよ。泡もたたないのですすぎも素早くできます。もし成分が軽く残っていたとしても温泉の成分と一緒なのですから神経質にならなくてもいいおまけつきです☆

    では先ほどご紹介したアルカリスプレー。これを作っておくとサッと使えて便利なのでおすすめです。簡単にできますよ♪

    あると便利!アルカリスプレーの作り方

    ではあっという間にできるので見ていきましょう!

    <準備するもの>

    • セスキ炭酸ソーダ
    • スプレーボトル
    • 計量スプーン
    • 漏斗(じょうご)(あれば便利)
    • 計量カップ(あれば便利)

    ☆スプレーボトルも、あると便利な漏斗(じょうご)、計量カップなども全部100円均一のお店に売っていますね。
    家にあるものを使ってももちろんok!

    <作り方>

    1. スプレーボトルに小1のセスキ炭酸ソーダを入れます。(この時に漏斗(じょうご)を使うと便利です)
    2. 水500mlを1のスプレーボトルに入れ、よくふってセスキ炭酸ソーダを溶かします。


    どうですか?簡単でしたね☆

    これ1本あるととても便利です。気になるところにシュッとしてふき取るだけという簡単さがお気に入り。においがないのも◎

    (べじちゃん)

    我が家では年末の大掃除なんかにも大活躍していますよ!^^

    ぜひあなたも超便利なアルカリスプレー作ってみて下さいね♪

    私が使っているセスキ炭酸ソーダ(アルカリウォッシュ)はこのタイプです^^


    では次でまとめてみますね。



    まとめ

    1. セスキ炭酸ソーダ(セスキ)と重曹その違いは?
      • 油脂などの汚れ落ち セスキ(〇)・重曹(△)
      • 研磨力      重曹(〇)・セスキ(✖)
      • 水への溶けやすさ セスキ(〇)・重曹(△)
      • 発砲力      重曹(〇)・セスキ(△)
    2. 我が家流の使い分け方は?
      • アルカリ洗濯 
      • 日常の軽い汚れの洗濯物をつけ置き洗いに最適。水30ℓにセスキ小2を入れて洗濯物を入れておき、翌日そのまま洗濯。すすぎ1回でok。

      • キッチン 
      • ガスコンロなどにアルカリスプレー後ふき取とると油汚れもスッキリきれい。
        洗い桶にぬるま湯とセスキ約小1を入れ、そこに食べ終わった食器を入れておくと、食後の洗い物が楽チン♪
        お鍋の軽い焦げつき・マグカップなどの茶しぶ落としは研磨力のある重曹をぱっぱとふりかけてこするときれい^^
        焦がした鍋・水・重曹を入れ火にかけてコトコト。焦げが浮いてきて取れやすくなります。(ふきこぼれには注意!)※アルミ製のお鍋にはむきません。

      • 浴室 
      • 浴槽を洗う時に、重曹をぱっぱとふりかけてスポンジで洗う。泡もたたず、すすぎも素早い。

    3. あると便利!アルカリスプレーの作り方

      スプレーボトルにセスキ炭酸ソーダ、水を入れ、溶かして完成。



    いかがでしたか?
    アルカリ性の㏗が高いとか低いとか少しややこしいイメージがありますが、使い始めるととっても便利。

    使い方や量も目安さえ分かっていればざっくりでいいところが私は大好きです^^


    フルタイムで仕事をしているとどうしても時間に追われてしまう毎日ですが、思いついたときにサッときれいにできればうれしいし、何より気持ちよく過ごせますよね。


    ナチュラルでエコ。しかも時短\^^/
    私の大好きなフレーズです♡


    皆さんもぜひ使ってみて下さいね。

    この記事があなたの参考になれば嬉しいです♡


    べじちゃん流ナチュラルな暮らし☆☆公式LINE始めました!
    新着情報、ブログでは話せないエピソードなどもLINEでお届けします♪
    友だち追加
    ↑友だち登録は、こちらからお気軽にどうぞ(^-^)