キャンバス生地のトートバッグ、家で洗えるのかなぁ?

オススメの洗い方が知りたい!

べじちゃんべじちゃん

最近、トートバッグが流行っていますよね。キャンバス生地でしっかりしていて、何かと使えて便利です^^

私も手軽に使えるので重宝していますよ。

「このキャンバス
地のトートバッグ、家で洗える?」

と、娘から渡されたトートバッグは、なかなかの汚れ具合(^^;

「どうやって洗ったらいいのかな?」

と、いろいろ調べてみると、、、

  • 家で、簡単に洗える
  • 我が家にある3つの物があればok!

ということがわかりました(^^♪

そうとわかれば、さっそくトートバッグを洗ってみましたよ☆

娘:「おおー!いいやん!きれいになった!」

私:「確かに。。期待以上かも(^^♪」

今回思わず「期待以上かも。。」と言ってしまったぐらい、スッキリきれいになるトートバッグの洗い方と、きれいになった理由も合わせてお話ししていきますね。

どうぞ最後までおつきあいください♪



我が家のトートバッグの洗い方とは?

トートバッグ 洗い方

ではさっそく、娘が合格点をくれたスッキリきれいになる「我が家のキャンバス地のトートバッグの洗い方」をご紹介しますね♪

べじちゃんべじちゃん

すぐにできる簡単な洗い方なんですよ♪

では、一緒に見ていきましょう!


まず準備をする物から。

用意をする物

  • 固形石鹸
  • 洗濯用ブラシ
  • 洗濯用バケツ

固形石鹸は洗濯用がなかったので、台所用のふきん洗い用石けんをカットして使いました。↓


洗濯用ブラシは100均で^^


洗濯用のバケツは、予洗いや漂白剤に漬け込む時に使うので、なくてはならない我が家の必須アイテムです。


では順番に、洗い方を見ていきますよ。

トートバッグの洗い方

  1. トートバッグの洗いたい所に、水またはぬるま湯をかける。


  2. トートバッグの汚れている場所に、固形石鹸をこすりつける。

  3. トートバッグの持ち手の部分や、本体の無地のところから、洗濯用ブラシでこすっていく。シミになっている部分や汚れがひどい部分は、念入りに石鹸をつけながらブラシでこする。


  4. ロゴの部分は、直接当たらないように注意しながら、ロゴの周りもブラシでこする。

  5. バケツの中の水で、全体をバシャバシャとすすぎ、石鹸を洗い流す。


  6. 水がきれいになるまですすいだら、洗濯機に入れ、2分ほど脱水する。(あまり長時間脱水するとシワシワになるので、軽く脱水してください)


  7. しわを伸ばしながら、形を整えて、陰干しする。


  8. シワが気になるようなら、アイロンする。(ロゴがある場合には、直接アイロンをあてずに、その周辺だけアイロンするか、裏返してアイロンがけをする。)
  9. (アイロン前)

    (アイロン後)


いかがでしたか?

固形石鹸と洗濯用ブラシで、ただゴシゴシこするだけで、ここまで白くきれいになりました(^^♪ (簡単すぎる 汗)

(洗濯前)

(洗濯後)


「こんなに古典的で、簡単な方法なのに、思ったよりきれいになったよねぇ」

べじちゃんべじちゃん

実のところ、娘も私も、こんなにきれいになるなんて期待していなかったので、いい意味での驚きだったんです☆

よくよく考えてみたら、な~るほど!ナチュラルクリーニング好きな私にも納得の方法でした。

昔からやっていそうな(?)この洗い方で、どうしてこんなにきれいになるのか、次の章で謎を解いていきましょう~

この洗い方で、トートバッグがどうして白くきれいになったの?

ではさっそく、我が家のこの洗い方で、どうしてあんなに汚れていたトートバッグがきれいになったのか、簡単に説明していきますね。

そもそも、カバンを固形石鹸で洗うって、ひと昔前っぽく感じません?

私も、初めはピーンっと来ていなかったんですよねぇ。

「もっといい方法あるんじゃないの?」

って。。。

でも、今回、調べてみればみるほど、

「なるほど! 私が日頃、取り入れているナチュラルクリーニング系の考え方だったんやねぇ♪」

っと、大いに納得したわけなんですっ。

べじちゃんべじちゃん

この古典的ともいえる洗い方が、実は、とても理にかなっていたんですね(^^♪

この洗い方が、理にかなっているわけは、、、

我が家の洗い方でトートバッグがきれいになった理由

  • トートバッグの持ち手や入り口付近の汚れは、手垢汚れ(つまり皮脂汚れ)⇒石鹸は、弱アルカリ性なので、皮脂汚れ落としが得意

  • トートバッグの本体や底付近の汚れは、ほこりや泥汚れ(不溶性の汚れ)⇒石鹸は、泥汚れなどの比較的粒子が大きい汚れに強い

  • 目が粗いキャンバス生地の汚れをかき出す為には⇒洗濯用ブラシが有効

  • 洗濯機より手洗いの方が型崩れしにくい⇒手洗いでバシャバシャ洗いが有効

トートバッグは、持ち手やバッグの入り口付近が手あかで黒ずんでしまったり、底部分は地面に置いたりするので、泥汚れも自然とつきやすいんですよねぇ。

べじちゃんべじちゃん

私も、ついつい地面にトートバッグを置いちゃいます(^-^;

手あかの黒ずみは皮脂汚れ。これは弱アルカリ性で落とせる汚れです☆(これ、ナチュラルクリーニング系^^)

そして、トートバッグはキャンバス生地なので、生地の目が結構粗いでしょ? 

そこに、ほこりや泥汚れが入り込んでしまっているのを、かきだしたいわけなんですっ。

となると、、、

弱アルカリ性の固形石鹸を使って
          ↓
洗濯用ブラシで生地の目にそって物理的にこすると、汚れが取れやすい

そして、型崩れしないように洗濯機洗いでなく、手洗いすることも、ポイントの1つですよね。

べじちゃんべじちゃん

手洗いをして、全体を押し洗いすることで、ロゴにも負担をかけずにすみますよ♪

トートバッグの裏面には、デニムのすり汚れ(色移り)もついていましたが、この汚れもずいぶんきれいになりました♪

(洗う前) 黒く見えますが、紺色の色移りです。


(洗った後)


右端っこについた、お茶かお弁当のシミはほんのり残りましたが、かなり薄くなりました☆
(洗う前)


(洗った後)


※持ち手などに革が使われていたりすると、革にダメージを与えてしまったり、濃い色のものは色移りしたりする可能性があります。家で洗濯するのが難しいと感じる時には、クリーニング店で相談してくださいね。

べじちゃんべじちゃん

色移りや縮みなどは、自己責任の判断でお願いします^^

ではここまでを、まとめてみますね。



まとめ

スッキリ白くなる我が家のトートバックの洗い方とは?

  1. 固形石鹸と洗濯用ブラシ、洗濯用バケツを用意する。
  2. 汚れている部分を特に念入りに、水(ぬるま湯)固形石鹸と洗濯用ブラシでこすり洗い。
  3. ロゴの部分はこすらないようにする。
  4. バケツに、水を張り石鹸分をすすぐ。
  5. すすぎ終えたら、洗濯機に入れ、脱水約2分。
  6. 形を整えて、陰干しする。
  7. しわが気になるようなら、ロゴに当たらないようにアイロンする。

我が家の洗い方でトートバッグがきれいになった理由は?

  • トートバッグの持ち手や入り口付近の汚れは、手垢汚れ(つまり皮脂汚れ)⇒皮脂汚れには、弱アルカリ性の石鹸が
  • トートバッグの本体や底付近の汚れは、ほこりや泥汚れ(不溶性の汚れ)⇒泥汚れなどの粒子が大きい汚れは、石鹸が
  • 目が粗いキャンバス生地の汚れをかき出す⇒洗濯用ブラシ
  • 型崩れやロゴの傷みを防ぐには、洗濯機より手洗いが

古典的ともいえる洗い方が、意外に理にかなっていたなんて、今回とても勉強になりました。

石けんやアルカリ洗濯って奥が深いなぁと、実感した私です^^

べじちゃんべじちゃん

まだまだ、知らないことあるなぁ~~

今回の娘のトートバッグは、白に近い生成りのキャンバス生地だったので、色移りの心配はロゴ部分のみでした。

実はもう少しハードルが上がる、色物のトートバッグの洗濯を娘からお願いされているんですよねぇ。。。(;’∀’)

よくよく調べて、度胸(笑)が決まったら、洗うことにします☆ (うまくいけばシェアしますね♪♪)


この記事があなたのお役に立てたら幸せです(*^-^*)


べじちゃん流ナチュラルな暮らし☆☆公式LINE始めました!
新着情報、ブログでは話せないエピソードなどもLINEでお届けします♪
友だち追加
↑友だち登録は、こちらからお気軽にどうぞ(^-^)